文字の大きさ:普通 大きい  
 
 
 
印刷
更新日: 2017/06/22

株式会社アイグラン あい保育園古江

園長名:伊本 美夏
〒733-0874 広島市西区古江西町22-6-1
地図
TEL:082-961-3360
FAX:082-272-5065
e-mailai-furue@aigran.co.jp
定員 : 110名 (3歳未満50名 3歳以上60名)
●開所時間 : 7:30〜20:30
●通常保育 : 7:30〜18:30
●延長保育 : 18:30〜20:30
■一時利用(一回あたり)
対象年齢 時間帯 単位時間 単位料金
30分 200円
1時間 300円
1時間30分 500円
2時間 700円
市登録1時間利用の場合…月額保育料の12%(但し、2,750円を限度)
   2時間利用の場合…月額保育料の21%(但し、6,800円を限度)
どちらも補食代を含みます。補食は手作りおやつです。
●休日保育
●障害児保育 :原則として障害の程度が中程度までで、集団生活が可能なお子さんを受け入れてます。
●病後児保育
●一時預り事業 : 8:30〜16:30
■保護者負担金(一回あたり)
対象年齢 単位時間 単位料金
0歳〜 3歳未満 4時間以内 2円
0歳〜 3歳未満 8時間以内 3円
3歳〜 7歳未満 4時間以内 1円
3歳〜 7歳未満 8時間以内 2円
・保護者の就労、就学などにより家庭での保育が困難な場合。
・保護者の疾病、入院、冠婚葬祭などにより、家庭で保育ができない場合。
・育児に伴う身体的・心理的な理由によるもの。
・待機児解消のため。

※給食・おやつ代を含みます。
※一時保育は登録制です。事前に登録・相談にご来園ください。
地域子育て支援活動
毎月、「きんさい!みんなの保育園事業」を開催しています。
・園庭開放…対象:未就学児(0歳〜6歳)
      日程:毎月第3水曜日 10時〜11時

・わかばパパママ応援教室…対象:初妊婦さん夫婦
             日程:毎月第2土曜日 10時〜11時

※日程は変更する場合があります。事前に園にお問い合わせください。
保育の方針
【保育理念】
私たちは子ども達に「自分の夢を自分の力で実現できる人」になって欲しいと願ってます。
そして、そのためには次のことが必要だと考えています。

・いろいろなことに興味を持ち、自分で考えやってみる気持ちをもつこと。
・思いやりの気持ちを持って、楽しく仲間と関わることができること。
・安心できる「心の基地」があること。

【保育方針】

○自主性を育てます。
 ワクワクドキドキするような体験を自ら挑むことで、自主性、考える力が育ちます。
 子ども達の年齢・発達に応じたいろいろな活動を企画し、経験する機会を設けますが、大人が”やらせ る”のではなく、こども自身が”やってみたくなる”ような環境作りに重点を置き、自由に遊びを創  造・発展させる中で、考える力、創る喜びを育んで参ります。

○個性を大切にします。
 やんちゃな子、恥ずかしがりやな子、怒りんぼ、泣き虫、障がいのある子ども。
 子ども達一人ひとり、輝いてます。いつも”Only One”を尊重し、「自分らしさ」を発揮できるように 援助します。

○思いやりの気持ちが育つ「心の基地」を目指します。
 思いやりは思いやりを受けることでのみ育ちます。
 保育士が子ども達一人ひとりの気持ちを受け止め、「心の基地」になれるよう、思いやりを持って接し ます。

○自然とのふれあいを大切にします。
 花・木・・虫・動物・水等自然やものに対する興味を育て、環境を大切にする気持ちを育みます。
 また、見たり触ったり、お世話をすることを通して、いたわりの気持ち、やがては命の尊さに気づいて いきます。
その他
・ウェブカメラにてお子様の様子をご覧いただけます。
 保育中のお子様の様子を保護者に見ていただく、最新型ネットワークカメラを導入しています。
 保護者の方やそのご家族に、いつでもリアルタイムで保育の様子を見ていただきます。

・リトミックを本格的に導入しています。(毎週)
 有資格講師による本格的なリトミックを導入しています。
 「リトミック」とは、いろいろな素材を使って、友達と自由な表現で楽しく音楽遊びをしていくもので す。
 決められた『形』を求めず、決して団体行動ではなく、自主性を尊重し、子ども達にとって快適で楽し い『子どもの場』であると同時に、心身の調和わ図り、感覚うぃ磨き、知性の基礎をつくり、人の成長 の可能性を大きくすることができると言われてます。

・食育への取り組み
 乳幼児期は食生活の基礎ができる大切な時期です。そのため、『食育』を大切にしています。
 単なる栄養バランスだけでではなく、お友達と一緒に給食を囲み、「団らん」を通じて気づかれる絆や しつけなど、心に関係した事柄を広く『食育』ととらえています。
 
 ^汰瓦念多瓦靴匿べられる食事
 一人ひとりの発達に合わせたきめ細やかな離乳食
 手作りおやつ

・感覚統合に大切な「砂」「土」「水」「泥」等の遊びを思いっきりできるようにしています。そして、 本物の体験が大切だと思っています。できるだけ本物の体験ができるような環境を整え、子ども達一人 ひとりが「やりたい!」という意欲を持ち、遊び込めるような援助をしていきます。

・紙おむつは園で処分させていただいております。