令和6年度定時社員総会及び施設長部会開催

 令和6年5月27日(月)にANAクラウンプラザホテルにて、定時社員総会を開催いたしました。

 定足数の確認と本総会が有効に成立することが報告された後、議案第1号「令和5年度事業報告」および議案第2号「令和5年度決算並びに監査報告」についての議決が行われました。
 賛成多数(定款第20条第1項に規定する出席者の過半数を超えている)により、第1号議案・第2号議案ともに承認されております。

定例会1では行政の各担当課により次の事項について説明が行われました。
・「乳幼児教育保育アドバイザーの活用について」
・「認定こども園の整備状況等について」
・「『遊び 学び 育つひろしまっ子!』推進プラン(第2期)に係る取組みについて」
・「施設支援一般指導事業について」
・「麻しん・風しん予防接種の接種勧奨について」

定例会2では各担当理事より次の事項について説明がありました。
・「会員の新規加入について」
・「委員会の委員への就任について」
・「能登半島地震の被災地支援募金の終了について」
・「合同就職説明会『保育士就職ナビ2024ひろしま』の開催について」
・「高校生保育のおしごと体験の説明」
・「キッズノートの説明」
・「全国私立保育連盟青年会議委員会より報告」

 総会への参加・議事進行のご協力ありがとうございました。

 定時社員総会に続いて施設長部会も開催され多くの方にご参加いただき、親睦深まる楽しい時間となりました。

 施設長部会では退任・新任施設長のご紹介をさせていただいております。
 ご退任される先生方におかれましては、広島の保育の発展に寄与いただき誠にありがとうございました。また、新たに仲間になられた先生方は今後ともよろしくお願いします。

学生と若手保育士の交流会を開催します。

こんにちは。

6月1日(土)に、「学生と若手保育士の交流会」を開催いたします。

実際の保育現場はどんな感じなのか?
保育士を目指している方、これから就職活動をされる方の気になる疑問を、
現役の若手保育士のみなさんが本音で語ってくれます!

日時:令和6年6月1日(土)
場所:広島市総合福祉センター 5階 ホール
   (広島市南区松原町5番1号 BIGFRONTひろしま)

現在お申込みを受け付け中です。
ご参加希望の方は こちら からお申込みください。
お電話(082-207-1010)でも受け付けております。

みなさまのご参加をお待ちしております。

保育士就職ナビひろしま2024を開催します。

こんにちは。

6月30日(日)に産業会館にて、「保育士就職ナビひろしま2024」を開催いたします。
保育士としての就職をお考えの方ならどなたでも参加可能です。
㈱リクルートによる「就職先の選び方セミナー」も同時開催します。

詳細は こち をご覧ください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

うれしいエピソード

サポートセンターの相談員として園訪問し、年少さんの様子を拝見させていただいた際の出来事です。

ちょうど折り紙あそびの時間です。担任の先生を手本にしながら、それぞれグループ毎に一生懸命に折っていました。私も、子どもたちと一緒に、あるグループの席に着きました。

私の左側、真横には、Hちゃんという女の子が座っています。Hちゃんは、頑張って折り紙を折り終えたばかりで、ホッと一息ついたところだったのでしょう。突然、「なんでハートがついとるん?」と私の方を向いて聞いてきました。可愛らしいHちゃんの指は、私のメガネの柄のすぐ下、左頬を指しています。「あれ、左頬に何かつけていたっけ?」「シミかホクロぐらいだけどなぁ。」内心、答えに困った私は「なんでかなあ」と一言。続いての「いいなあ」と言うHちゃんの一言に、咄嗟に「ありがとう」と返事をしました。

なんだかちぐはぐな会話となりました。

帰宅後、鏡で自分の左頬を見ると、やはりシミがありました。まずまずの大きさです。そして、少しだけ首をかしげて見た瞬間、そのシミがハート型だったのです。「このことだったんだ。」何だかうれしくなりました。

保育士として、子どもたちと園庭を駆け回り、笑ったり泣いたり…この長い年月が、私の頬に、このハート型のシミを作ってくれたのでしょう。その日から、鏡を見るたび『私のシミはハート型』とつぶやいてみます。 

これまで歩んできた保育士としての道のりには、苦労も少なからずありました。しかしHちゃんの一言には、私自身の気持ちを変える力がありました。これまでの道のりをより受け入れ、現在をより良く受けとめようとする気持ちです。

何気ないこどもの一言で、ほんの一瞬のやりとりで、自分の心が救われる。

保育園ってこんなことが何度もある職場ですよね。

確かに『しんどいなあ』と、思うこともありますが、こどもたちの笑顔は「プライスレス」、何物にも代えがたいものです。そして保育者の笑顔は、こどもたちや保護者の方にとって日々の支えとなります。保護者にとっても、笑顔があふれる場所は、心の居場所となることでしょう。

焦らなくていい

桜の木が、淡いピンク色から、明るい薄緑色に衣替えをした今日この頃ですね。

日増しに温かくなる太陽の光とともに、新年度がスタートしました。新たな出会いの中で、手探りしながら動き始める、落ち着かない時期でもあります。

新卒採用で保育士となられた皆さまは、一日働き終えると、すっかりくたびれておられる事だと思います。「いったいどう立ち振る舞ったらいいのか?」「何が何だか分からない。」「これでよいのだろうか?」‥など、まだまだ戸惑い、迷う気持ちを持ちながら、毎日を過ごしていらっしゃることと思います。

4月1日を境に、学生から社会人という立場にガラッと変わったのです。保育士なりたて1年生です。

実際に保育士として勤務することと、実習生として保育施設で体験したことが、違うと感じることが沢山あるでしょう。

泣いたりぐずったりしているこどもさんを目の前にして、対応に困ることもあるでしょう。

こどもさんを可愛いと思う気持ちは十分にあるにしても、ベテラン保育士のようには、いかないことだらけでしょう。

それでいい、それでいいのですよ。

この際、「ちゃんと~出来なくちゃ」という気持ちを手放しましょう。

焦ってみたところで、よいことは一つもありません。

まずは現状オッケーです。①まず、自分の頑張りを認め、ほめましょう。その上で、②何があったか、事実を押さえる。③自分がどう感じたか、振り返る。さらに余裕があるようでしたら、⓸これからはどうしようか、を考えてみてはどうでしょう。

戸惑ったこと、迷ったこと、そして面白かったことなど、なんでも良いので、日々、同僚や先輩と話がシェアできればよいですね。

お喋りが難しい時は、メモ書きするなど、アウトプットすると、少し心の整理がつきやすくなると思います。

令和5年度臨時社員総会開催

 令和6年3月26日(火)に広島国際会議場にて令和5年度臨時社員総会が開催されました。

 定足数の確認と本総会が有効に成立することが報告された後、議案第1号「令和6年度事業計画(案)」および議案第2号「令和6年度予算(案)」の議決が行われました。賛成多数(定款第20条第1項に規定する出席者の過半数を超えている)により、第1号議案・第2号議案ともに承認されております。

 定例会1では「全私保連(ゼンポ)連携事業者からのお知らせ(保険、きっずノート)」、「全国私立保育連盟山口孝子常務理事による情勢報告会」が行われました。

 定例会2では各委員会より協会事業の説明や能登半島地震の被災地支援募金について説明がありました。

 閉会後には現在のブロック代表理事が担当ブロックの会員と、今後の各区ブロックでの動きや私立保育協会の活動を担う役割等を協議されております。

 総会への参加・議事進行のご協力ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。

「保育士就職応援セミナー」&「事業所説明会・面接会」

 令和6年2月19日(月)に「保育士就職応援セミナー」&「事業所説明会・面接会」がハローワーク広島にて開催されました。

 7名の方が来場され、「現在の保育園を取り巻く状況について」「現役保育士による復職体験談」について、熱心に聴いておられました。

 また、セミナー終了後に「事業所説明会・面接会」を行い、4施設を巡るブースツアーを行いました。

 今後も、ハローワークと共同で、復職応援セミナーをはじめとした保育士人材確保事業を行って参ります。ハローワークと協力しながら、より多くの求職者にご参加頂けるよう事業の運営に努めて参ります。引き続き、ご協力の程お願い申し上げます。

令和5年度職員福利厚生事業大忘年会

 総務委員会主催の大忘年会がANA クラウンプラザホテルにて開催されました。新型コロナウイルスの影響により4年ぶりの開催とあって、参加者432名と多くの方に参加いただきました。

 大忘年会会場では、オレンジリボンキャンペーンの表彰も行いました。

 動画部門の理事長賞に梅林よつば保育園さんが、写真部門の理事長賞には矢野みどり保育園さんが選ばれました。おめでとうございます。

 今回参加できなかった方も、来年のオレンジリボンキャンペーンへぜひご参加ください。

 お待ちしております。

大忘年会の記事も載っている私保協だよりはコチラ
▷ 私保協だより69号

保育士就職応援セミナーが行われました

11月14日(火)に広島グリーンアリーナにて保育士就職応援セミナーが行われました。

この事業は、「看護・介護・保育 総合就職フェア」内で行ったもので、ハローワーク主催のもと、当協会は共催として参加いたしました。

詳細が載っている私保協ニュースはコチラ
▷ 私保協ニュースNo.37

今後も、ハローワークと共同で、復職応援セミナーをはじめとした保育士人材確保事業を行って参ります。ハローワークと協力しながら、より多くの求職者にご参加頂けるよう事業の運営に努めて参ります。引き続き、ご協力の程お願い申し上げます。

どのような出来事からも学びはみつかる③

(続き)前々回、前回とコラムに、若い時のお粗末な、拙いやりとりを、恥ずかしながら敢えて載せようと思ったのには、次のような理由があります。

 一つめは、職員間でのミーティングです。情報共有と合意形成を目的とする場が確保されており、他のスタッフから、様々な感想やコメントをいただけたことが、若い時分には、随分支えられる体験になった、という事を伝えたいのです。

 二つめは、子どもたちの姿をどのような視点で捉えるか、その大切さです。視点が変わると、子ども達と自分との一連の関わりに対する認識が、大きく異なってくる事もお伝えしたいと思います。

 自分たちの視点をより広く、また深いものにする有益な方法として思いつくことは、まず研修をコンスタントに受けることです。実践だけでは、大切な事を見落としてしまう危険性がより高くなります。研修会で聞いた話が、後日、ほんの一部でも構わないので、現場で働いている最中に「もしかして、こういうことか。」と頭に浮かべば、しめたものです。

 2つめの方法は、ミーティング、とまでいかなくても、安心できる他の職員など、誰かとエピソードを話し、共有するということです。 

「今日の保育、全然上手くいっていなかった」「なんだかスムーズだったけど、どういうことかなぁ」「ひたすら忙しかった」など、毎日伝え合うことは、沢山あると思います。

 伝え合うことで、①心の中にある、不要な負担が軽くなる。②別の視点、複数の視点から見直すことができる。③対応のヒントがみつかることがある、といった効果が期待できます。

 なかなかミーティングを設けること自体が難しい保育の現場でしょうが、かしこまらない、何気ない時間をみつけて、ほんの僅かでも、それぞれの体験と思いを伝え合い、共有していきたいですね。